寸止め空手って一体なんなのだろうかという話なのですが、まあ習ってみようと思っています。
実際、黒帯になったら、結構かっこいいと私は思いますし、
単位制って、多分、形を覚える所からではないかと、そういう風に思っています。
書道の師範と、差がないような気がしますね。
相手をぼこぼこに殴りつけるのが、フルコンタクトという実際の空手なのだそうで、元々はメタボ、糖尿改善のためにやろうと思っていたので、殴り合いなんていやなんですよ。
太極拳と合気道は実際、本当に暴漢が来たとき、力がなくても投げつけれるようです。
空手もそういうものがあるのだとか。
詳しくはないですけれど。
柔道って寝技とか大外刈りなど決めて、相手が受け身を知らなかったら即死なわけで、
それは危ないということです安全で身を守るために技術と健康となると、その三つだろうなと思っています。

合気道については詳しくはないので、まず10000円の普通で、こういう感じという風に覚えて、それから本格的に講師クラスに行ってみようと思っています。